コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベクトル型スーパーコンピューター べくとるがたすーぱーこんぴゅーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ベクトル型スーパーコンピューター

ベクトル型プロセッサーを搭載したスーパーコンピューターのこと。米Cray Research社が、世界で初めて製作した。大量の配列処理を得意とし、大量のデータに対して似たような計算を行う気象予測や流体計算などに利用されている。現在世界最速のコンピューターである地球シミュレーターも、ベクトル型スーパーコンピューターである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベクトルがた‐スーパーコンピューター【ベクトル型スーパーコンピューター】

vector type super computerベクトルプロセッサーを用いるスーパーコンピューターの総称。ベクトル演算(同じ計算を繰り返し大量に行う処理)に向くため、天気予報の数値計算や流体のシミュレーション多体問題などに利用される。→スカラー型スーパーコンピューター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベクトル型スーパーコンピューターの関連キーワードNWT

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android