コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベシャン還元 ベシャンかんげんBéchamp reduction

1件 の用語解説(ベシャン還元の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベシャン還元
ベシャンかんげん
Béchamp reduction

フランスの A.ベシャンによって 1854年に開発された還元法で,芳香族ニトロ化合物を鉄と塩酸,または鉄 (II) 塩で還元して芳香族アミノ化合物とする方法。ニトロベンゼンからアニリンを工業的に製造するのに利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベシャン還元の関連キーワードアサヒ号 AA型 二輪車陸王大型オ-トバイアルゴンiPad三重県の要覧世界銀行特色GP現代GP制御棒デトロイト財政破綻

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone