コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベスナリノン ベスナリノン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベスナリノン

慢性心不全に用いられる経口強心薬。従来の強心薬であるジギタリス系,カテコールアミン系の薬物は,心筋の収縮力とともに心拍数も増加させるため,心臓の負担を増し,不整脈頻脈などの副作用をもっていた。ところがベスナリノンは,1回の収縮力を高め,拍動数をふやさないこと,また耐薬性を生じないなどの長所をもっている。他剤の投与で効果のない心不全患者に対して広く用いられているが,顆粒白血球のなくなる無顆粒球症という重篤な副作用の例が確認されているため,使用には医師の十分な管理が必要とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android