コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無顆粒球症 むかりゅうきゅうしょうagranulocytosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無顆粒球症
むかりゅうきゅうしょう
agranulocytosis

アグラヌロチトーゼ。白血球のうち顆粒球 (好中球,好酸球,好塩基球) が著しく減少した状態をいう。原因のなかで最も多いのは,薬剤 (サルファ剤アミノピリンクロマイ,抗甲状腺剤,抗癌剤など) によるもので,その他に放射線障害,血液疾患,膠原病,遺伝性のものなどがある。症状は高熱,扁桃炎,壊疽性口内炎などで,重症の場合には敗血症を起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の無顆粒球症の言及

【血液】より

…白血病と悪性リンパ腫は代表的な血液の癌である。 細菌感染などでは防御反応として顆粒球が増加するが,薬物アレルギーなどで急激に減少することもあり,これを無顆粒球症という。まれな遺伝性疾患として,顆粒球の機能が異常で,殺菌力が欠如しているため身体各所に感染症をきたす疾患もある。…

【白血球】より

…アミノピリンなどの解熱剤やその他の薬剤を投与されて,急激に好中球が減少することがある。一種のアレルギーによる好中球の破壊と考えられているが,このように好中球が極度に減少した状態を無顆粒球症という。一方,炎症が起こると骨髄からの好中球の供給が増し,末梢血液中の好中球は増加する。…

※「無顆粒球症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無顆粒球症の関連キーワード白血球減少症(好中球減少症/無顆粒球症)バセドウ病(グレーブス病)免疫のしくみとはたらきアンチピリンベスナリノン化膿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android