コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッコウハゴロモ

百科事典マイペディアの解説

ベッコウハゴロモ

半翅(はんし)目ハゴロモ科昆虫総称。北海道を除く日本各地,琉球,台湾に分布体長(翅端まで)10mm内外,暗褐色。翅に2本の透明な帯があり,全体に黄灰色の粉を装う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッコウハゴロモ

ハゴロモ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のベッコウハゴロモの言及

【ハゴロモ(羽衣)】より

…またミカン類にも寄生し,ミカンの萎縮病を媒介する。ベッコウハゴロモRicania japonica(イラスト)も小灌木の密生しているような場所に多く,前種と混生することがあり,寄主植物も広く類似する。ミカン類,マメ類の害虫とされることがある。…

※「ベッコウハゴロモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベッコウハゴロモの関連キーワードセミヤドリガ羽衣