コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッコウハゴロモ

百科事典マイペディアの解説

ベッコウハゴロモ

半翅(はんし)目ハゴロモ科の昆虫の総称。北海道を除く日本各地,琉球,台湾に分布体長(翅端まで)10mm内外,暗褐色。翅に2本の透明な帯があり,全体に黄灰色の粉を装う。クワ柑橘(かんきつ)類などの植物の汁を吸う害虫で,成虫は夏に発生し,よく跳躍する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のベッコウハゴロモの言及

【ハゴロモ(羽衣)】より

…またミカン類にも寄生し,ミカンの萎縮病を媒介する。ベッコウハゴロモRicania japonica(イラスト)も小灌木の密生しているような場所に多く,前種と混生することがあり,寄主植物も広く類似する。ミカン類,マメ類の害虫とされることがある。…

※「ベッコウハゴロモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android