コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベテル・チューイング betel chewing

1件 の用語解説(ベテル・チューイングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベテル・チューイング【betel chewing】

ヤシ科のアレカヤシ,通称ビンロウジュAreca catechuの種子(ベテル・ナット)の核と石灰を,コショウ科のつる性植物キンマPiper betleの葉で包み,これを口の中で嚙む習慣をベテル・チューイングと呼ぶ。嚙んでいると口中が朱赤色になり,これを唾液とともに吐く。チョウジカルダモンなどの香料を加えることもある。ベテル・ナットアルカロイドを含み,興奮性の麻酔作用があり,紀元前よりインド東南アジアオセアニアの各地で咬嚙料masticatoryとして広く栽培・利用されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベテル・チューイングの関連キーワードカルナウバろう油椰子アレカ椰子サゴ椰子多羅樹檳榔子檳榔樹サゴサラカヤシパーム核油

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone