コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトゥール Betūl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベトゥール
Betūl

インド中部,マディヤプラデーシュ州南部の都市。ベトゥール県の行政庁所在地。カンドワ東方約 160kmに位置。かつてはゴンド族の地であったが,1743年にマラータ同盟,1818年にイギリスの支配下に入った。農産物の集散のほか,製材,搾油,養蚕業がある。人口6万 3489 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android