コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養蚕業 ようさんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養蚕業
ようさんぎょう

おもに製糸用の繭を生産する産業。製糸,製織とともに絹業3部門の一部門。日本では絹業と農業とは農民生産のなかに統一されていたが,江戸時代に製織が,明治初期に製糸が,末期には蚕種製造が分離,養蚕だけが農業の副業部門となった。第2次世界大戦前,生糸は日本貿易の大宗として世界産額の 64% (1931) を占め,養蚕も稲作と並んで日本農業の双璧であったが,戦後,化学繊維工業の急激な発展によって生糸,蚕の地位はくずれ,1931年に 201万戸の養蚕農家は 71年には 37万戸に,68万 haの桑園は 16万 haに,29万tの産繭は 10万tに,73万俵 (1俵は 60kg) の生糸は 32万俵に激減。 71年は輸出約 1200俵に対し輸入約 13万俵,74年以後輸出は皆無となり,戦後の日本は生糸の輸入国に転化した。 90年の養蚕農家は5万 2000戸,桑園面積5万 9000ha,繭産出量2万 5000tで,なお減少傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

養蚕業の関連キーワード群馬県北群馬郡吉岡町群馬県北群馬郡榛東村伊豆まゆの資料館金山(宮城県)関本(茨城県)藤本善右衛門野沢 泰次郎由雄元太郎針塚長太郎岩田 太郎ベトゥール長野 関吉田口留兵衛吉岡[町]加藤 知正岩谷九十老高山長五郎小串 清一田辺 七六仁保 清作

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養蚕業の関連情報