コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラータ同盟 マラータどうめい

大辞林 第三版の解説

マラータどうめい【マラータ同盟】

一八世紀前半、マラータ王国のもとに他のマラータ諸侯が連合して成立した同盟。インド中部を支配し、イギリスに対抗する中心勢力となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラータ同盟
まらーたどうめい
Martha

18世紀、デカン地方を中心とし、北インドにまで進出してインド最大の勢力となったマラータ諸勢力の連合体。1707年シャーフーが即位して再建されたマラータ王国は、18世紀なかばには内部から大きく変質した。王国の実権は宰相(ペーシュワー)の手に移り、シバージーによる建国以来の名門の実力が相対的に弱まって、シンデー家、ホールカル家、ガエクワール家など新興諸侯の勢力が強大になっていった。そのため、マラータ勢力は、デカン高原を中心としてプーナに宰相府を置く宰相政府と、インド各地に割拠したマラータ諸侯との連合という形をとるようになった。これをマラータ同盟、マラータ連合などと称する。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone