コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトヒャー通り ベトヒャードオリ

2件 の用語解説(ベトヒャー通りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベトヒャー‐どおり〔‐どほり〕【ベトヒャー通り】

Böttcherstraße》ドイツ北西部、ブレーメンにある通り。旧市街の中心部、マルクト広場ウェーザー川を結ぶ。全長約100メートルコーヒー豆で財を成したブレーメンの商人ルートウィヒ=ロゼリウスが、1923年から1931年にかけて、中世の町並みを再現し造った。美術館、映画館、高級ブランド店、レストランなどが並ぶブレーメンの目抜き通りとして知られる。ベットヒャー通り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベトヒャーどおり【ベトヒャー通り】

ドイツ北西部、ハンブルク(Hamburg)の南西100kmに位置するブレーメン(Bremen)の旧市街にある通り。マルクト広場からヴェーザー川(Weser)までの全長約100mの小路である。美術館、映画館、高級ブランド店、レストランなどが並ぶブレーメンきっての目抜き通りとなっている。この道は、かつて樽(たる)職人たちがつくった樽を転がしてヴェーザー川の船着き場まで運んだ運搬路だったが、コーヒー豆で財を成したブレーメンの商人ルートウィヒ=ロゼリウスが、1923~1931年にかけて、中世の町並みを再現した通りとして整備した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベトヒャー通りの関連キーワードハンブルクハンバーグ漢堡マリエンブルクマリエンブルク城メクレンブルクフォアポンメルンリンブルガーエーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク・システム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone