コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネーリン Yurii Ivanovich Venelin

世界大百科事典 第2版の解説

ベネーリン【Yurii Ivanovich Venelin】

1802‐39
ロシアのスラブ学者。本名はフツァKhutsa。カルパチ・ウクライナ地方の出身。1823年ロシアへ移住,29年モスクワ大学を終えブルガリアの歴史・文学を研究した。彼の著書《昔と今のブルガリア人》2巻(1829,41)はロシア人・ブルガリア人同一祖先論を主張したものとして当時注目され,とくにブルガリアの啓蒙家たちに与えた影響は強烈で,ブルガリア人の民族意識の高揚に寄与した。【萩原 直】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベネーリンの関連キーワードグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜カノーバ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android