コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネーリン Yurii Ivanovich Venelin

1件 の用語解説(ベネーリンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベネーリン【Yurii Ivanovich Venelin】

1802‐39
ロシアスラブ学者。本名はフツァKhutsa。カルパチ・ウクライナ地方の出身。1823年ロシアへ移住,29年モスクワ大学を終えブルガリアの歴史・文学を研究した。彼の著書《昔と今のブルガリア人》2巻(1829,41)はロシア人・ブルガリア人同一祖先論を主張したものとして当時注目され,とくにブルガリアの啓蒙家たちに与えた影響は強烈で,ブルガリア人の民族意識の高揚に寄与した。【萩原 直】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベネーリンの関連キーワードアファナーシエフスラブ語派スラブ主義汎スラブ主義ロシア語露土戦争小ロシアスラブロシアの恋人木村彰一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone