コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラクルス州 ベラクルスVeracruz

翻訳|Veracruz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラクルス〔州〕
ベラクルス
Veracruz

メキシコ中部東岸,メキシコ湾に面する州。州都ハラパ。湾沿いに約 700kmにわたって細長く延びる州で,大部分は低平な砂質の海岸低地から成るが,西部州境付近からメキシコ高原に移行,プエブラ州との州境にはメキシコの最高峰シトラルテペトル火山 (5700m) がそびえる。同高原から多数の川が流下し海岸低地に肥沃な谷を形成している。沿岸には潟湖が発達。気候は概して高温多雨で,ところによって年降水量 3000mmに達し,熱帯雨林の密林におおわれているところも多い。 1947年から連邦政府によりパパロアパン川流域総合開発計画が推進され,水力発電,灌漑,洪水制御などの多目的ダムが各地に建設され,近代農法も導入された。州の経済は豊かで,商業,農業 (ワタ,サトウキビ,タバコ,コーヒー,熱帯果樹,トウモロコシ) ,工業 (石油精製,製糖,蒸留酒,化学,繊維) ,および北部と南部の石油産業に基づく。牧畜,林業も盛ん。スペイン征服前に,オルメカ,トトナカワステカなどのインディオの文化が栄えた地で,州内にはそれらの遺跡が多い。メキシコ湾岸の主要港ベラクルスを中心に,鉄道・道路網が発達している。面積7万 1699km2人口 621万 5142 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベラクルス州の関連キーワードアドルフ ルイス・コルティネスサンアンドレストゥストラコルドバ(メキシコ)コアツァコアルコスコアツアコアルコスベラクルス古典文化ポサリカデイダルゴハラパ・エンリケステワンテペク地峡プエルト・メヒコセルヒオ ピトルミナティトラントラコタルパンコサマロアパンオリサバ[山]エル・タヒンチナンテカ語トトナカ文化カンペチェ湾オルメカ文化

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベラクルス州の関連情報