コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギナ遺跡 ベルギナいせきVergina; Verghina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルギナ遺跡
ベルギナいせき
Vergina; Verghina

ギリシア北部,マケドニア地方にある古代遺跡。前4世紀マケドニア王国の首都アイガイがあったところ。 1861年に発見されたヘレニズム期の宮殿は,15世紀にはビザンチンの王女ベルギナの居城として知られたもので,華麗なモザイクが保存されている。さらに 1977年には,アレクサンドロス3世 (大王) の父フィリッポス2世をはじめとする王家の墓と古墳群が発見された。 300をこす古墳のうち古いものは前 11世紀にさかのぼる。王家の墓の内部に描かれた獅子狩りの壁画は古典期の画法によるもので,その後のヘレニズム文化の萌芽が認められる。 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android