コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルヒテスガーデン Berchtesgaden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルヒテスガーデン
Berchtesgaden

ドイツ南東部,バイエルン州の町。ザルツブルクの南約 20kmのアルプス北側山中に位置し,三方をオーストリア領に囲まれる。 12世紀初めに建設,その後岩塩が発見されたため,町は数世紀もの間ザルツブルクとハライン両市の紛争の的となった。 1300年以降はアウグスチノ会修道院領として推移し,1810年バイエルン領となった。修道院長の館 (現博物館) ,古い岩塩鉱山などがある。ヒトラー山荘があったオーバーザルツベルクへはケーブルカーが通じる。南方にはケーニヒ湖があり,その観光基地としても知られる。人口 7775 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルヒテスガーデン(Berchtesgaden)

ドイツ南部、バイエルン州の町。オーストリアとの国境に近いドイツアルプスの山中に位置する観光保養地。アドルフ=ヒトラーの山荘があったことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベルヒテスガーデンの関連キーワードルクレール(フランスの軍人)ケールシュタインハウスゴーデスベルク会談プレスブルク条約デフリンピックミュンヘン会談シュシュニックケーニヒス湖アドルフハックル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android