コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレンガーリオ[1世] Berengario I

世界大百科事典 第2版の解説

ベレンガーリオ[1世]【Berengario I】

?‐924
イタリア王(在位888‐924),神聖ローマ皇帝(在位915‐924)。フリウリ侯。887年神聖ローマ皇帝カール3世が廃位されるとイタリアにおけるカロリング家の系統(男系)が絶え,諸侯は激しい権力闘争を行った。ルートウィヒ1世(敬虔王)の娘の子にあたるベレンガーリオは888年イタリア王に選出され,その死にいたるまでこの抗争の中心人物であった。889年にはスポレート公グイードGuidoが進出してイタリア王の冠を受けると(891年皇帝戴冠),ベレンガーリオとのあいだに激しい抗争が生じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベレンガーリオ[1世]の言及

【イタリア王国】より

…カール3世の死後,イタリアにおけるカロリング家(男系)が絶え(東・西フランク王国では存続),有力諸侯が王位をめぐって激しい抗争を続ける時代に入った。まずフリウリ侯ベレンガーリオ1世(ルートウィヒ敬虔王の娘の子)が王位を得た(888)が,スポレト侯グイドがこれに対抗。さらにプロバンスやブルゴーニュの王侯が介入し,イタリア王あるいは皇帝を称した。…

※「ベレンガーリオ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベレンガーリオ[1世]の関連キーワードルートウィヒ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android