コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンゲラ海流 ベンゲラかいりゅうBenguela Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンゲラ海流
ベンゲラかいりゅう
Benguela Current

アフリカ南西岸に沿って北ないし北西に流れる海流。南大西洋の亜熱帯環流の東側部分を構成。アガラス岬から南緯 25°付近までは速さも方向も一定しているが,それ以北では幅も広くなり,速さ,方向が一定しなくなる。赤道付近では,しだいに海岸から離れて西に向きを変え,大西洋南赤道海流に合する。幅は約 500kmで,亜熱帯環流の西側部分であるブラジル海流の幅約 100kmと著しい対照を示す。沿岸に湧昇流があり,好漁場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベンゲラ海流の関連キーワード南アフリカ共和国アグラハス海流アガラス海流コンゴ共和国寒海性魚類ナミブ砂漠ギニア海流ナミビアペンギン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android