ベンチャロン(英語表記)〈タイ〉benčaroŋ

デジタル大辞泉の解説

ベンチャロン(〈タイ〉benčaroŋ)

シャムで愛好された華麗な五彩陶器。18世紀半ばごろから19世紀半ばにかけて、清(しん)から輸出されたものとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ベンチャロン【benčaroŋ】

タイの古陶器の一。赤・黄・緑・藍・金彩などを用い、華麗な上絵がつけられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のベンチャロンの言及

【アユタヤ朝】より

…例えば,木造建築の寺院の扉にほどこされた象嵌細工や木彫浮彫,黒漆に金泥で絵を描いた書箱等がある。そして陶器としては,ベンチャロンと呼ばれる五色の茶碗が知られている。その他,絵画の世界では,やわらかなタイ独自の筆法による,身体をくねらせた人物などの描かれた紙絵の折畳みの絵本(仏教の説法画など)があげられる。…

※「ベンチャロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android