コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五彩 ゴサイ

3件 の用語解説(五彩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐さい【五彩】

青・黄・赤・白・黒の五つの色。また、多種の色。五色(ごしき)。
中国宋代(金代)を起源とし、元代に完成した上絵付け、およびその陶磁器。白磁または白釉陶(はくゆうとう)に赤・青・黄・緑・紫などの釉(うわぐすり)で絵や文様を表したもの。日本では赤絵・錦手(にしきで)などという。硬彩。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごさい【五彩】

五つの色。五色ごしき
いろいろな色。色とりどり。 「 -陸離たる四囲の美観に恍惚として/復活 魯庵
陶磁器に、赤・青・黄・緑・紫または黒などの釉うわぐすりを使って絵や模様をかいたもの。中国、明・清代に盛んに焼かれた。硬彩。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五彩
ごさい

赤絵」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の五彩の言及

【赤絵】より

…陶磁器をおおうガラス状の被膜,釉(うわぐすり)の上に赤や緑,黄,紫,藍などガラス質の色釉(いろぐすり)で文様を施したもの。赤を主調とするところから日本でとくに赤絵と総称され,また色絵とも呼ばれ,中国では五彩と呼んでいる。また釉の上に着彩されるところから上絵(うわえ)とか上絵付とも呼ばれる。…

【錦手】より

…白磁や白い陶胎の釉上に赤,黄,緑,紫,青,黒などの色釉(いろぐすり)や金,銀彩で上絵付(うわえつけ)した陶磁器の日本での総称。日本では単に赤絵,色絵ともいい,中国では五彩(ごさい)とも呼ぶ。江戸時代の初期に中国から輸入された,明末の嘉靖の五彩磁,金襴手(きんらんで),万暦赤絵や,清初の南京赤絵,色絵祥瑞(しよんずい)などの影響を受け,肥前有田では磁胎の錦手が,京都では陶胎の錦手が始められた(有田焼)。…

※「五彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五彩の関連情報