コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五彩 ゴサイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐さい【五彩】

青・黄・赤・白・黒の五つの色。また、多種の色。五色(ごしき)。
中国宋代(金代)を起源とし、元代に完成した上絵付け、およびその陶磁器白磁または白釉陶(はくゆうとう)に赤・青・黄・緑・紫などの釉(うわぐすり)で絵や文様を表したもの。日本では赤絵・錦手(にしきで)などという。硬彩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごさい【五彩】

五つの色。五色ごしき
いろいろな色。色とりどり。 「 -陸離たる四囲の美観に恍惚として/復活 魯庵
陶磁器に、赤・青・黄・緑・紫または黒などの釉うわぐすりを使って絵や模様をかいたもの。中国、明・清代に盛んに焼かれた。硬彩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五彩
ごさい

赤絵」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の五彩の言及

【赤絵】より

…陶磁器をおおうガラス状の被膜,釉(うわぐすり)の上に赤や緑,黄,紫,藍などガラス質の色釉(いろぐすり)で文様を施したもの。赤を主調とするところから日本でとくに赤絵と総称され,また色絵とも呼ばれ,中国では五彩と呼んでいる。また釉の上に着彩されるところから上絵(うわえ)とか上絵付とも呼ばれる。…

【錦手】より

…白磁や白い陶胎の釉上に赤,黄,緑,紫,青,黒などの色釉(いろぐすり)や金,銀彩で上絵付(うわえつけ)した陶磁器の日本での総称。日本では単に赤絵,色絵ともいい,中国では五彩(ごさい)とも呼ぶ。江戸時代の初期に中国から輸入された,明末の嘉靖の五彩磁,金襴手(きんらんで),万暦赤絵や,清初の南京赤絵,色絵祥瑞(しよんずい)などの影響を受け,肥前有田では磁胎の錦手が,京都では陶胎の錦手が始められた(有田焼)。…

※「五彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

五彩の関連キーワードサント・シャペル酒井田柿右衛門大同の九龍壁マイセン磁器ベンチャロン五重の唐衣加賀友禅村上元三歌川国丸江戸更紗景徳鎮窯元代美術万暦赤絵呉須赤絵作する古赤絵麒麟文殷仲容水墨画馬鞍山

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五彩の関連情報