コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーク Aleksandr Al’fredovich Bek

世界大百科事典 第2版の解説

ベーク【Aleksandr Al’fredovich Bek】

1903‐72
ソ連邦の小説家。《プラウダ》その他の新聞にルポルタージュを書いていたが,中編《クラコ》(1934)でデビュー。第2次世界大戦当初ソ連が苦境におちいった,1941年のモスクワ防衛戦を描いた中編《ボロコラムスク街道》(1943‐44)でいっきょに文名を確立した。中編《数日間》《パンフィーロフ将軍の予備隊》(ともに1960)は,その続編である。ドキュメンタルな作品が多く,長編《ベレシコフの生涯》(1956)もその系列に属する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベークの関連情報