夫妻/夫婦(読み)オトメ

デジタル大辞泉の解説

おと‐め〔をと‐〕【妻/婦】

《「おひとめ(男人妻)」の音変化》夫と妻。めおと。
「みとのまぐはひして―と為る」〈神代紀・上〉

ふ‐さい【夫妻】

夫と妻。夫婦
[補説]「夫婦」の、やや改まった言い方。「私たち夫妻」のように、自分たちについては使わない。「ご夫妻でおいでください」「有名人夫妻」のように、よその夫婦に対して使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふさい【夫妻】

夫と妻。夫婦。 〔「夫婦」より改まった言い方。自分自身や身内には用いない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おと‐め をと‥【夫妻】

〘名〙 (「おひとめ(夫婦)」の変化した語。あるいは音便の無表記形か) 夫と妻。夫婦(めおと)。おひとめ。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「是に陰(め)(を)始めて(みとのまぐはひ)して夫婦(ヲトメ)と為る」

ふ‐さい【夫妻】

〘名〙 おっととつま。夫婦。
霊異記(810‐824)上「更に夫妻とし、合はせて家の財物、皆既に施与したり」 〔易経‐小畜卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android