コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーサニトイド basanitoid

岩石学辞典の解説

ベーサニトイド

混乱した岩石名である.最初は橄欖(かんらん)石玄武岩とバサン岩の中間として使用された[Büecking : 1880].その後斜長石ネフェリン,リューサイトからなり輝石などを伴う岩石とされた[Güembel : 1888].ラクロアはこの名称を化学組成はバサン岩で准長石を含まない岩石とした[Lacroix : 1919,Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android