コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベールナールト Beernaert, Auguste Marie François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベールナールト
Beernaert, Auguste Marie François

[生]1829.7.24.
[没]1912.10.6.
ベルギーの政治家。 1873~78年公共事業相,以後農工相 (1884) ,蔵相 (84~94) ,下院議長 (95~1900) を歴任。カトリック派の政治家として国王を支持したが,コンゴ併合には反対。また2回にわたるハーグ万国平和会議 (1899,1907) で活躍。 1909年ノーベル平和賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベールナールト

ベルギーの政治家。公共事業相,首相,蔵相等を歴任,2度にわたりハーグ平和会議委員となった。1909年ノーベル平和賞。
→関連項目エストゥルネル・ド・コンスタン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベールナールト
べーるなーると

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ベールナールト

生年月日:1829年7月24日
ベルギーの政治家
1912年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ベールナールトの関連キーワードエストゥールネイユ・ド・コンスタン生年月日ベルギー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android