コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ平和会議 ハーグへいわかいぎHague Peace Conferences

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーグ平和会議
ハーグへいわかいぎ
Hague Peace Conferences

ロシア皇帝ニコライ2世の提唱により,1899年と 1907年の2回にわたってオランダのハーグで開かれた国際平和会議。紛争の平和的解決,軍備制限および戦時国際上の諸問題を取扱った。 (1) 第1回会議は 1899年5月 18日~7月 29日,26ヵ国が参加して開かれた。この会議の主要目的である軍備制限は,列強,特にドイツの反対で具体的な解決にはいたらなかったが,国際紛争平和的処理条約,陸戦の法規・慣例に関する条約,赤十字条約の原則を海戦に応用する条約の3条約と,毒ガスの使用禁止など3宣言が採択された。 (2) 第2回会議は 1907年6月 15日~10月 18日,44ヵ国が参加して開かれた。第1回会議のときと同様,軍備制限についてはなんら具体的な成果をあげえなかったが,この会議では第1回会議での3条約を修正し,さらに 10条約を新たに採択し,あわせて 13の条約を採択した。特に国際紛争平和的処理条約は常設仲裁裁判所の設立を規定しているところから,一応平和維持のための国際機関を設けた最初の取決めであるといわれ,また国際法の法典化,特に戦時法の法典化の最初の大きな試みであり,国際法史上重要な意義をもっている。なお 15年に予定されていた第3回会議は第1次世界大戦勃発のため開かれなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーグ平和会議【ハーグへいわかいぎ】

1899年と1907年,ロシア皇帝ニコライ2世の提唱によりハーグで開かれた国際会議で,国際法の発展に一時期を画した。第1回会議は国際裁判制度充実などを図った国際紛争平和処理条約と陸戦法規に関する条約を採択。
→関連項目アッセルエストゥルネル・ド・コンスタン海戦法規空戦法規白旗ダムダム弾ハーグハーグ密使事件ベールナールト無防備都市ランゲ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーグへいわかいぎ【ハーグ平和会議】

19世紀末におけるヨーロッパ諸国の軍備拡大と軍事負担増大の中で,恒久平和の手段を探るため,1899年と1907年の2回にわたり開催された当時最大の国際会議で,多数の条約を採択し,国際法の法典化にとって大きな成果をあげた。 1899年第1回ハーグ平和会議には,ロシア皇帝の招請によりヨーロッパを中心に26ヵ国(日本を含む)が参加し,そこで採択された三つの条約と三つの宣言は,国際紛争平和的処理条約(国際紛争)を除き,すべて戦争法に関するものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハーグへいわかいぎ【ハーグ平和会議】

国際紛争の平和的解決、軍備制限および戦時国際法上の諸問題を扱った国際会議。1899年と1907年にオランダのハーグで開催。戦時国際法の法典化に多くの成果をあげた。万国平和会議。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーグ平和会議
はーぐへいわかいぎ

1899年と1907年の2回にわたり、オランダのハーグで開催された国際平和のための会議。1899年、ロシア皇帝ニコライ2世の主唱で、軍縮と紛争の平和的解決制度の樹立を目的として、第1回平和会議が開催された。26か国の参加を得たこの会議では、軍縮について具体的合意は得られず、国際紛争平和的処理条約、陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約、ジュネーブ(赤十字)条約ノ原則ヲ海戦ニ応用スル条約(3条約)、ならびに三宣言(軽気球からの投射物爆発物投下禁止宣言、毒ガス投射物使用禁止宣言、ダムダム弾使用禁止宣言)が採択された。第2回ハーグ会議は日露戦争(1904~05)のため予定より遅れ、07年に「全人類の幸福を増進する関心事を討議」する目的で開催された。この会議には、日本を含む非ヨーロッパ諸国の参加もあって、44か国の出席をみた。この会議では、第1回ハーグ会議で採択された条約の改正を含め、戦争を規制する諸条約(13の条約と一つの宣言)を採択し、軍縮に関する条約の締結には成功しなかった。しかし、2回のハーグ平和会議は、国際平和に関する共通目的を明確にし、戦争法規を採択した意義は大きい。
 なお、韓国が日本の併合政策に反対して密使を送ったのは、第2回の会議中のことである。[經塚作太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハーグ平和会議の言及

【国際審査委員会】より

…国際紛争は,通常,事実問題と法律問題を含むものであるが,単に事実についての見解の不一致からも生じる。国際審査international inquiryは,1899年に第1回ハーグ平和会議で締結された国際紛争平和的処理条約(1907年に改訂)によって初めて設けられたものであり,単に事実上の見解が異なることから生じた国際紛争を国際審査委員会に付託し,その公平誠実な審理によって事実問題を明らかにし,紛争の解決を容易にする制度である。日露戦争のおり,ロシアのバルチック艦隊がイギリスの漁船を日本の水雷艇と見誤って砲撃,損害を与えた英露間の1904年のドッガー・バンク事件は国際審査によってみごとに解決した。…

【国際紛争】より

…多くの国のそうした認識の高まりのなかで,19世紀末から平和的解決方法が著しく発展してきた。1899年のハーグ平和会議において〈国際紛争平和的処理条約〉(1907修正)が定立されて以来,国際紛争の具体的かつ体系的な平和処理を志向する国際機関や国際裁判所(国際連盟の常設国際司法裁判所,国際連合の国際司法裁判所)などの主体が存在するに至った。しかしながら国際紛争および戦争を平和的に解決するため,またそれを未然に防止するためには,その管理ではなくその変革,つまり紛争当事者間の価値・利益の両立性の状態を積極的に作り出していくことが何よりも重要となろう。…

※「ハーグ平和会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーグ平和会議の関連キーワードブルジョア(Léon Victor Auguste Bourgeois)ルノー(Louis Renault)エストゥールネイユ・ド・コンスタン自動触発海底水雷の敷設に関する条約エストゥールネル・ド・コンスタンレオン・V.A. ブルジョアセントピータースブルグ宣言ハーグ平和アピールニコライ[2世]A.T. マハンコンベンションハーグ陸戦規則国際審査委員会ハーグ陸戦法規ハーグ陸戦条約ダレス ジョンブライアン条約ロンドン宣言フィッシャードラゴー主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーグ平和会議の関連情報