コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペチェンガ ペチェンガPechenga

1件 の用語解説(ペチェンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペチェンガ
ペチェンガ
Pechenga

ロシア北西部,ムルマンスク州の都市。州都ムルマンスクの北西約 100km,バレンツ海ペチェンガ湾奥にある港湾都市で,ノルウェーとの国境に近い。付近の銅,ニッケル採掘地域の積出港であったが,現在は外港リイナハマリにその機能を譲っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のペチェンガの言及

【フィンランド】より

…しかし,戦局の不利から44年にソ連と休戦条約を結び,戦線から離脱した。このためフィンランドは47年の講和でソ連へのカレリア地方,バレンツ海に臨むペッツァモ(現,ペチェンガ)地方の割譲,バルト海北岸のハンコ半島とポルカラ地区の貸与を余儀なくされ,さらに,国民所得の1割に及ぶ巨額な賠償金を支払わされることとなった。44万人の引揚者も受け入れねばならなかった。…

※「ペチェンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone