ペツォルト ハンカ(英語表記)Petzoldt Hanka

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

ペツォルト ハンカ
Petzoldt Hanka


国籍
ドイツ

職業
声楽家 ピアニスト

専門
ソプラノ

生年月日
1862年

出生地
クリスティアンサン(ノルウェー)

経歴
パリでM.マルケージに声楽を、ヴァイマルでリストにピアノを学ぶ。ドイツで「タンホイザー」のエリザベトを歌いオペラ歌手として大きな成功をおさめる。ヨーロッパ各地で活躍の後、1909年12月父親に伴い来日。’10年東京音楽学校教師となり、声楽とピアノを教える。’24年3月に退職した後も自宅で子弟の育成にあたる。門下からは三浦環、柳兼子、清水金太郎らが輩出した。

没年月日
1937年 8月18日

家族
夫=ペツォルト ブルーノ(仏教研究家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android