ペプシンリモナーデ(読み)ぺぷしんりもなーで(英語表記)pepsinlemonade

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペプシンリモナーデ
ぺぷしんりもなーで
pepsinlemonade

塩酸リモナーデに含糖ペプシンを配合した製剤。日本薬局方収載品。健胃消化剤として食欲不振、消化促進、胃酸欠乏症などに内用で適用される。処方は、含糖ペプシン10グラム、希塩酸5ミリリットル、単シロップ100ミリリットル、精製水適量を加えて全量1000ミリリットルとする。甘味と清涼な酸味を有する液状の製剤である。酸性であるため、アルカリ性物質との配合は変化をおこすところから不適である。以前は繁用されたが、最近では使用量が少なくなった。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android