健胃消化剤(読み)ケンイショ ウカザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

健胃消化剤とは


 胃のはたらきを活発にして食欲を増進させたり、胃の不快症状をやわらげる薬が健胃剤です。


 消化酵素を補助的に配合することが多いので、健胃消化剤と呼ばれます。健胃消化剤には、次のような種類の薬が配合されています。


苦味剤 苦味の強い生薬しょうやくを乾燥・粉末化したもので、味を感じる舌の味蕾みらいを刺激し、消化液の分泌を促します。


芳香生薬 臭いの強い、生薬の精油を含んだ薬で、嗅覚きゅうかくや胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促し、胃の運動を活発にします。


酸剤 塩酸、クエン酸といった酸性度の高い薬を薄めたもので、胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促し、胃の運動を活発にするほか、胃の中で食物が異常に発酵するのを防ぐ作用もあり、食欲を増進させます。


重曹じゅうそう 胃の中で炭酸ガスを発生させて胃の粘膜を刺激し、胃液の分泌を促すとともに、胃の運動を活発にする薬です。


消化剤 食物の消化をよくして、その結果、食欲を高める薬です。消化剤には、ジアスターゼ、パンクレアチン、ペプシンといった消化力の優れた消化酵素を直接補給するものと、膵液などの消化液の分泌を促して、消化器全体のはたらきを活発にするものとがあります。


健胃剤


消化酵素剤


乳糖分解酵素剤


消化管運動調整剤


イトプリド塩酸塩製剤


アコチアミド塩酸塩水和物製剤

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android