胃酸欠乏症(読み)イサンケツボウショウ

デジタル大辞泉の解説

いさんけつぼう‐しょう〔ヰサンケツボフシヤウ〕【胃酸欠乏症】

胃液中の塩酸がなくなったり、極度に少なくなったり、濃度が低くなったりする症状。胃炎・胃癌(いがん)などで起こり、程度によって胃酸減少症・減酸症・低酸症無酸症ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いさん‐けつぼうしょう ヰサンケツバフシャウ【胃酸欠乏症】

〘名〙 胃液中の塩酸がなくなったり、極度に少なくなる病症慢性胃炎、胃癌などの場合に起こる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android