ペルガモン派(読み)ペルガモンは(英語表記)Pergamene school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ペルガモン派」の解説

ペルガモン派
ペルガモンは
Pergamene school

ヘレニズム時代の彫刻の一派ペルガモンでつくられた彫刻は激情的な動きを劇的で写実的な技法でとらえ,ヘレニズム文化を代表するものといわれる。代表的作品『ガラテア人とその妻』(ローマ国立美術館),『瀕死のガラテア人』(ローマ,カピトリーノ美術館),『ペルガモン祭壇』(ベルリン,ペルガモン美術館)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android