コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシエ ペルシエPercier, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシエ
Percier, Charles

[生]1764.8.22. パリ
[没]1838.9.5. パリ
フランスの建築家,家具デザイナー。パリのエコール・デ・ボザールで,P.フォンテーヌを知り,ローマ大賞受賞 (1786) 後,彼とともにローマに留学,1814年に引退するまで 30年間フォンテーヌの協力者として,ナポレオン1世のためにチュイルリー宮殿,マルメゾンの邸館,ルーブル宮殿,パレ・ロワイヤルなどの改築,修復にあたり,主として室内装飾と家具デザインを担当し,アンピール様式を確立した。またカルーゼル凱旋門 (1806) を建設。両者による主作品はパリの贖罪礼拝堂 Chapelle Expiatoire (15~26) 。共著『室内装飾集』 Recueil de décorations intérieures (01) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシエ【Charles Percier】

1764‐1838
フランスの建築家。パリに生まれ,エコール・デ・ボザール(国立美術学校)で生涯のパートナー,フォンテーヌに出会う。ローマ大賞を得てローマ留学を果たし,帰国後フォンテーヌを協力者としたマルメゾン城の室内装飾(1802)でナポレオンに認められ,王室建築家としてチュイルリー,ルーブルなどの宮殿の修復に当たり,主として室内装飾と家具デザインを担当。ナポレオンの要望にこたえて帝政ローマを想起させるアンピール様式を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペルシエの言及

【フォンテーヌ】より

…フランスの建築家。建築家の息子としてポントアーズに生まれ,エコール・デ・ボザール(国立美術学校)でペルシエと知り合う。ローマ留学後ペルシエとともに王室建築家としてチュイルリーなどの宮殿の修復を担当し,ナポレオンの帝政ローマ再現の夢を実現するために尽くす。…

※「ペルシエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペルシエの関連キーワードエコール・デ・ボザールエトアール凱旋門8月22日クレンツェ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルシエの関連情報