コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルーオウギハクジラ ペルーオウギハクジラMesoplodon peruvianus; pygmy beaked whale

1件 の用語解説(ペルーオウギハクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルーオウギハクジラ
Mesoplodon peruvianus; pygmy beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラオウギハクジラ属。オウギハクジラ属の中で最小種。最大体長は約 3.7m。雌より雄の方が大きい。出生体長は 1.6m程度。体色は全身黒灰色で,腹部は淡色である。咬傷の白い跡が体表に残る。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。頭部は小さく,嘴 (くちばし) は太く短い。嘴と前頭部の境目はない。背鰭 (せびれ) は体の後方3分の2に位置し,山型で先端はきわめて鈍く,ネズミイルカと似る。下顎の歯槽がやや盛上がり,先端に1対の歯がある。発見例は少く,いずれも太平洋東部における熱帯海域の南緯8゜以南に限られる。ペルー沖におけるサメ流し網で混獲されている。これまでにわずかしか発見されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone