コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流し網 ながしあみdrift net; gill net

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流し網
ながしあみ
drift net; gill net

潮流に漂流させて目に魚を刺させたり,からませて漁獲するのに使用する刺網。錨で固定しないので,水深に対する制限がなく,また流水抵抗も少いので,必要に応じて網幅を広くすることができる。漁具の操作の関係上,船は 50t以下の舷の低いものが用いられ,投げ網は航走しながら船尾で行う。投げ網後は網回りをして網の形状を修正してから網端の引網を取って網とともに流す。揚げ網は船首風上舷で行う。一般には表層性の魚類を対象とするが,マダイ,クルマエビ,キスなどを対象とする底流し網もある。漁獲される魚種にはサケ,マス,ニシン,サンマ,イワシ,トビウオ,サワラ,イナダ,サバなどがある。刺網中で最も遠洋性に富み,大規模に使用されていたが,近年,公海上の流し網漁が海生哺乳動物や海鳥の混獲など生態系に悪影響を及ぼすことが問題となり,国連や国際漁業協議の場で規制の決議がなされ,政策的・自主的に使用を抑える措置が多くの漁場でみられる。 (公海流し網規制 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながし‐あみ【流し網】

位置を固定せずに網を魚群通路を遮って張り、魚を網に絡ませて捕る漁法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ながしあみ【流し網】

帯状形漁網を直線またはかぎ形あるいは波状に張り下し,海流や風波のままに自由に流す刺網をいう。漁網は,浮子(あば)はあるが沈子(いわ)を欠くものが多く,沈子を有するものもその沈降力ははなはだ少ないのが普通であった。網を流し,それにともなって船を移動するので,内海・沿岸よりは沖合で使用するに適している。この種の漁業は刺網漁業中最も進歩したもので,河川で行われたサケ・マス流し網を除くと,イワシ,マグロ,サワラ,トビウオ,サバ,サンマ,カツオなどの各流し網漁業はその代表的なものとして,いずれも江戸中期から明治期にかけて開始されたものが多いが,盛んになったのは明治後期以降のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ながしあみ【流し網】

水流・潮流のある所に網を張り、流れや風波で網を流しながら上層・中層を遊泳する魚をとる刺し網。サケ・マス漁などに用いられる。公海大型流し網は乱獲と混獲により世界的に規制の方向にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流し網
ながしあみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の流し網の言及

【網漁業】より

…網漁業とは,いうまでもなく漁網を用いて魚を捕る漁業一般をいうが,漁獲技術における位置づけについては〈漁労文化〉の項目に譲り,ここでは日本における網漁業の歴史の概観に限定する。 日本の漁業が産業の一部門と認められるまでに発達したのは江戸時代以降のことである。とくに江戸時代中期以降かなり急速に発達し,幕末期までに代表的な沿岸漁業が出そろい,そのまま明治期に持ち越された。その漁業生産を担った漁具は漁網,釣具,特殊漁具に三大別できる。…

【漁具】より

… 刺網(刺網漁業)は鳥をとらえる霞(かすみ)網と同じように,見えにくい網を魚道に張っておいて網目に魚を刺させ,絡ませるもので,表層性のトビウオ,サンマ,イワシ,ニシンなどを対象とする浮刺網と,カレイ・ヒラメ類などの底魚を対象とする底刺網とがある。いずれも,いわ,錨などで固定するが,固定せずに,潮流に任せて流しておくものを流し網という。サケ・マス流し網が代表的なものである。…

【刺網漁業】より

…浮魚,イカなどを対象とした浮刺網,底魚,エビ,カニなどを対象とした底刺網がある。また,錨などで固定して使う場合と,固定せずに使う流し網とがある。網の高さは対象種の遊泳層の厚さ,群れの密度によって決まり,長さはかける場所,取扱いの難易によって決まる。…

※「流し網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

流し網の関連キーワードサケ・マス漁と輸入サケペルーオウギハクジラサケ・マス流し網ヒレナガゴンドウサケ・マス母船以東底引網漁業オウギハクジラモエビ(藻蝦)ネットホーラーサケ・マス母船流し網漁の禁止サケ・マス漁業北上川船頭唄イシイルカカマイルカ釧路[市]グリアソン厚岸(町)セミイルカ庵原 順一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流し網の関連情報