コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレ式中心噴火 ペレしきちゅうしんふんか Pelean type of central eruption

1件 の用語解説(ペレ式中心噴火の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ペレ式中心噴火

熔岩が酸性で粘性が高く爆発を起す限界に達した火山の噴火形式.酸性の熔岩が通路を塞ぐ岩栓に成長した結果激しい爆発を引き起こし,灼熱したガス雲,水蒸気火山灰が山腹を雪崩のように流れ落ちて熱雲を形成する[Lacroix : 1904, 1908].名称はアンチル(Antilles)諸島のマルチニク(Martinique)島のペレ山(Mont Pelee)に由来する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペレ式中心噴火の関連キーワード酸性泉ピートモス酸性肥料酸性色素酸性デタージェント火山岩体ホーニトブルカノ型中心噴火熔岩堤防スパッター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone