コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペローフスカヤ Sof’ya L’vovna Perovskaya

世界大百科事典 第2版の解説

ペローフスカヤ【Sof’ya L’vovna Perovskaya】

1853‐81
ロシアのナロードニキ女性革命家。名門貴族の出で,ペテルブルグ県知事の娘。大学をめざして勉学中チャイコフスキー派集団に参加。1872年〈人民の中へ〉を実践して,74年に逮捕された。78年〈土地と自由〉結社に加わり,79年から人民の意志派執行委員会メンバーとして皇帝暗殺計画に参加,81年3月アレクサンドル2世暗殺を現場で指揮した。4月公開処刑となる。【和田 あき子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペローフスカヤの関連キーワード徳川家慶徳川家慶オーストンガルストショイベノックスハウスクネヒトフェノロサブロンホフ松野クララ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android