コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンシルロケット ペンシルロケットpencil rocket

2件 の用語解説(ペンシルロケットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペンシル‐ロケット(pencil rocket)

昭和30年(1955)、東大生産技術研究所の糸川英夫により打ち上げ実験が行われた超小型の固体燃料ロケット。1号機は長さ23センチ、直径1.8センチ、重量約200グラム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ペンシルロケット

糸川英夫・東大教授(当時)の主導で開発された全長23センチで鉛筆のような形の超小型ロケット。当時の日本にはレーダーによるロケット追尾技術はなかったため、空へ打ち上げずに水平方向に発射した。飛行経路に紙や電線で作った計測機器を並べて約15メートル飛ばし、それを突き破らせることで速度や飛行経路を確認した。1955年4月12~23日の29機の試射は全て成功し、その後の日本のロケット開発の原点となった。

(2016-04-13 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内のペンシルロケットの言及

【宇宙開発】より

…アメリカのG.K.オニールの提案したスペースコロニーはその代表的なものであり,これらが行われるようになって,初めて宇宙開発はほんとうに開発という意味をもつことになる。
【日本の宇宙開発】
 日本の宇宙を目ざしたロケット研究は,1955年東京大学生産技術研究所の糸川英夫のグループによるペンシルロケットの打上げに始まる。このロケットは直径1.8cm,長さ23cmの固体ロケットで,都下国分寺で水平発射実験を繰り返して,ロケットの基本的な特性を明らかにしていった。…

※「ペンシルロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ペンシルロケットの関連キーワード中小企業中南米映画鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型ヤマハ 125 YA-1型必死の逃亡者春闘田川(市)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペンシルロケットの関連情報