コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンシルロケット pencil rocket

デジタル大辞泉の解説

ペンシル‐ロケット(pencil rocket)

昭和30年(1955)、東大生産技術研究所の糸川英夫により打ち上げ実験が行われた超小型の固体燃料ロケット。1号機は長さ23センチ、直径1.8センチ、重量約200グラム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ペンシルロケット

糸川英夫・東大教授(当時)の主導で開発された全長23センチで鉛筆のような形の超小型ロケット。当時の日本にはレーダーによるロケット追尾技術はなかったため、空へ打ち上げずに水平方向に発射した。飛行経路に紙や電線で作った計測機器を並べて約15メートル飛ばし、それを突き破らせることで速度や飛行経路を確認した。1955年4月12~23日の29機の試射は全て成功し、その後の日本のロケット開発の原点となった。

(2016-04-13 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のペンシルロケットの言及

【宇宙開発】より

…アメリカのG.K.オニールの提案したスペースコロニーはその代表的なものであり,これらが行われるようになって,初めて宇宙開発はほんとうに開発という意味をもつことになる。
【日本の宇宙開発】
 日本の宇宙を目ざしたロケット研究は,1955年東京大学生産技術研究所の糸川英夫のグループによるペンシルロケットの打上げに始まる。このロケットは直径1.8cm,長さ23cmの固体ロケットで,都下国分寺で水平発射実験を繰り返して,ロケットの基本的な特性を明らかにしていった。…

※「ペンシルロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペンシルロケットの関連キーワードロケット(飛行体)宇宙開発史(年表)ベビー・ロケット糸川 英夫人工衛星鍾馗

ペンシルロケットの関連情報