コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーザロ Pesaro

世界大百科事典 第2版の解説

ペーザロ【Pesaro】

イタリア中部,マルケ州の都市。人口9万0340(1990)。アドリア海に面した商業都市で,夏は海水浴場としてにぎわう。古代ローマ時代,すでに行政・経済面で発達していた。ペーザロは754年,フランク王ピピンがランゴバルド王アストルフォから奪回し,教皇に寄進した5都市(ペンタポリス)の一つである。ルネサンス期に入り町の政権はスフォルツァ家,次いでデラ・ロベレ家に占有されたが,1631年教皇領に戻った。【町田 亘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ペーザロの関連キーワードサンタマリアグロリオーサデイフラーリ教会ロッシーニ・オペラ・フェスティバルフアン・ディエゴ フローレスアルフレッド ジュリアーニレナータ テバルディマリオ・デル モナコピエトロ マスカーニミヒャエル ハンペアルド プロッティアルベルト ゼッダルネ フレミングジオ ポモドーロカナルグランデティツィアーノデル・モナコマルケ[州]デル・モナコペーザロ宮殿カペーザロテバルディ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペーザロの関連情報