コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイスラー Andreas Heusler

世界大百科事典 第2版の解説

ホイスラー【Andreas Heusler】

1834‐1921
スイスのゲルマン法学者。バーゼル大学法学部教授(1863‐1913)。ドイツ法制史,ドイツ私法および民事訴訟法を講じた。実務では,バーゼル控訴院長を務め,種々の立法事業にも参画した。アルプレヒトWilhelm Eduard Albrecht(1800‐76)のゲウェーレ理論を批判した《ゲウェーレ》(1873)やムントとゲウェーレの分化より出発してこの二つの概念を柱としてドイツ私法の体系を示した《ドイツ私法提要》2巻(1885,86)で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ホイスラー

生年月日:1865年8月10日
スイスのゲルマン学者
1940年没

ホイスラー

生年月日:1834年9月30日
スイスの法学者
1921年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ホイスラーの関連キーワードホイスラー合金ホイッスラーマンガン青銅ヘリコン波プラズマ強磁性体生年月日雑音

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホイスラーの関連情報