卓抜(読み)タクバツ

デジタル大辞泉の解説

たく‐ばつ【卓抜】

[名・形動](スル)他のものをはるかに抜いてすぐれていること。また、そのさま。「卓抜なセンスの持ち主」「卓抜した技量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たく‐ばつ【卓抜】

〘名〙 (形動) 他に抜きん出てすぐれていること。また、そのさま。卓出。卓絶。
※桟雲峡雨日記(1879)〈竹添井井〉下「八月〈略〉二日〈略〉有卓抜詭異者、有静深蕭遠者
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉人相見「貴殿は世間並の人とならるべし。卓抜(タクバツ)のところは少しも見えず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報