コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホショーツァイダム遺跡 ホショーツァイダムイセキ

デジタル大辞泉の解説

ホショーツァイダム‐いせき〔‐ヰセキ〕【ホショーツァイダム遺跡】

Khöshöö tsaidamХөшөө цайдам》モンゴル北部にある遺跡。ハラホリンカラコルム)の北西約35キロメートル、オルホン川東岸に位置する。東突厥(とっけつ)(突厥第二帝国)のビルゲ=ハガン(毘伽可汗)、および弟キョル=テギン(闕特勤)を称える突厥文字と漢字で刻まれた8世紀建立の石碑(複製)がある。突厥文字解読の手掛かりとなったオルホン碑文として知られ、2004年に「オルホン渓谷の文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホショーツァイダム遺跡の関連キーワードツァイダム盆地