コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホフマン式算定法 ホフマンしきさんていほうHoffmann method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホフマン式算定法
ホフマンしきさんていほう
Hoffmann method

弁済期限の到来していない無利息期限付債権の現在価額を算定する方法の一種。通常は次の方程式で表わされる。 BA/(1+nr) ,B は債権の現在価格,A は債権の名義額,n は弁済期限までの年数,r法定利率。自動車事故など生命侵害に対する損害賠償額の算定にも使用されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホフマン式算定法の関連キーワードホフマン方式

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android