コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定利率 ホウテイリリツ

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐りりつ〔ハフテイ‐〕【法定利率】

法律によって定められている利率民法では年5分、商法では年6分。利率の約定(やくじょう)のない場合および法定利息に適用される。→約定利率
[補説]平成29年(2017)の法改正により、2020年をめどに法定利率は3パーセントに統一され、3年ごとに変動する制度が導入される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうていりりつ【法定利率】

法律により定められた利率。民法上は年五分、商法上は年六分。利率の約定がないときに適用される。 ⇔ 約定やくじよう利率

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法定利率
ほうていりりつ

法律によって定められている利率のこと。利息を発生させる協定については、あらかじめ利率を決めておくのが通常で、それを約定(やくじょう)利率というが、この約定がない場合に適用される利率が法定利率である。民事の債権については年5分(民法404条)、商事の債権については年6分(商法514条)とされている。なお、法定利率に似た用語に法定金利があるが、これは法律によって規制された金利のことで、金の貸し借りにおける利息の限度を定めた利息制限法は、制限金利を元金10万円未満年20%、10万円以上100万円未満年18%、100万円未満年15%としている。出資法は上限金利を年29.2%としている。[村本 孜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法定利率の言及

【利息】より

…利率とは元本に対する利息の割合であって,元本利用の一定期間を単位として定められる。利率には,契約によって定まる約定利率と法律の規定によって定まる法定利率とがある。法定利率は民事の場合年5分(民法404条),商事の場合年6分(商法514条)である。…

※「法定利率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法定利率の関連キーワードホフマン式算定法ホフマン方式債権・債務小切手訴訟金銭債権遅延利息民事訴訟約定金利約定利息手形訴訟商行為

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法定利率の関連情報