コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホライ Horai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホライ
Horai

ギリシア神話の季節の女神たち。ホーライともいい,単数ではホーライまたはホラ Hora。ゼウスと掟の女神テミスの間に生れた3姉妹で,運命の女神モイライとも姉妹の関係にある。それぞれ秩序,正義,平和を意味する,エウノミアディケ,エイレネという名で呼ばれるが,アテネでは発芽と生育と実りを意味する,タロ,アウクソ,カルポという呼称も与えられていた。この二重の呼び名の示唆するとおり,ホライには,季節の運行を司ることにより植物を守護する豊穣女神としての性格と,社会秩序の守護者としての性格とがあった。神話のなかではしばしばヘラやアフロディテらに随伴する侍女の役割で登場し,また神界の門番の役をつとめるともされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホライの関連キーワードテクノホライゾン・ホールディングスモーメント・オブ・サレンダーポリネシアカルチャーセンタークリル・バーノン コノリー日本マーケティング協会メンヘングラートバハ太陽系探査(世界の)ケミカル・バンキングウィリアム サンソムニュー・ホライズンズポール アンダーソンジョン スナイダーポストイナ鍾乳洞サンホライズ加工データホライゾンジョン ブレイクエド ミシェルマーク マックホリゾンブルーベン シドラン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホライの関連情報