ホルジョウ工場事件(読み)ホルジョウこうじょうじけん(英語表記)Chorzów Factory Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホルジョウ工場事件」の解説

ホルジョウ工場事件
ホルジョウこうじょうじけん
Chorzów Factory Case

第1次世界大戦後ドイツからポーランドに割譲されたホルジョウにあった窒素工場をポーランドが収用したことにつき,1925年5月,ドイツが常設国際司法裁判所に訴えた事件。 26年5月,裁判所は管轄権に関するポーランドの先決的抗弁を退け,本案判決ではホルジョウ工場の収用がジュネーブ条約違反であることを認めた。国際責任に関する先例として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android