コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収用 しゅうようexpropriation

翻訳|expropriation

4件 の用語解説(収用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収用
しゅうよう
expropriation

国家が平時において公益のために私有財産を強制的に取得する措置で,補償支払いを伴うもの。補償が支払われない場合には没収となる。国際法上,国家がその領域内において外国人の私有財産を収用する場合には,その目的が公益に合致すること,内外人および外国人の間で差別を設けないこと,さらに補償の支払いが義務づけられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐よう〔シウ‐〕【収用】

[名](スル)
取り上げて使うこと。
国・公共団体などが、公共の目的のために、土地などの特定物の所有権その他の権利を、所有者などの損失を補償することを条件として、強制的に取得すること。「道路の拡張のために土地を収用する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

収用【しゅうよう】

公用収用

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうよう【収用】

( 名 ) スル
取りあげて、使用すること。
〘法〙 公共事業のために、強制的に特定物の財産権を取得し、国または第三者に所有を移すこと。土地収用がその例。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

収用の関連情報