コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホレズム州 ホレズムKhorezm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホレズム〔州〕
ホレズム
Khorezm

ウズベキスタン西部の州。州都ウルゲンチアムダリア下流部左岸のホレズムオアシスにあり,南と西にカラクム砂漠が迫る。古くホラズムと呼ばれた地域の中心を占め,中央アジアでも最も早くから灌漑農業の行われた地域の一つである。農業が主産業で,住民の 80%が農村に住む。綿花,ブドウ,ウリの栽培,養蚕,カラクール種のヒツジ,ウシの飼育などが主要部門である。工業は繰綿が中心で,ほかに食品その他の軽工業がある。アムダリアの水運と,同川に沿う鉄道,ハイウェーが主要交通路である。面積 6300km2。人口 106万 8500 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホレズム州の関連キーワードヒバ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android