コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホレブ山 ホレブさんHoreb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホレブ山
ホレブさん
Horeb

旧約聖書『出エジプト記』3章1などに出てくる神の山。ここでヤハウェが炎のうちにモーセに出現したとされている。モーセが十戒を与えられたというシナイ山と同一であるが,それが現在のどの山峰かについては諸説がある。シナイ半島南部のムーサ山 (ジャバルムーサ) に擬す説が有力。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホレブ山の関連キーワード旧約聖書

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android