コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトカラー・エグゼンプション制度 ほわいとからー・えぐぜんぷしょんせいど white-collar exemption system

1件 の用語解説(ホワイトカラー・エグゼンプション制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ホワイトカラー・エグゼンプション制度

労働時間規定の詳細を省いているので、規制の方がわかりやすいですね。修正しました。 主に事務職に従事するホワイトカラー労働者に対し、労働時間についての規制を免除する制度。米国で導入されている。労働時間を自己裁量で決められるというメリットがある一方、残業代や深夜労働などの割増賃金が支払われないというデメリットがある。日本では2006年に導入が検討されたが、サービス残業の助長により過労死を招く恐れがあると労働組合などが反対したことから、導入には至らなかった。14年に入り、第二次安倍晋三内閣が再び導入を図っているが、難航する可能性も指摘されている。

(2014-4-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトカラー・エグゼンプション制度の関連キーワード実労働時間所定外労働時間変形労働時間制実働時間必要労働時間見做し労働時間所定労働時間オプト・アウトホワイトカラー・エグゼンプション(WE)と裁量労働制みなし労働時間

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイトカラー・エグゼンプション制度の関連情報