コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトリカー ホワイトリカー

大辞林 第三版の解説

ホワイトリカー

white+liquor〕
連続式蒸留機で製造した焼酎しようちゆう。酒税法上の甲類の焼酎に相当するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ホワイトリカー

 甲類焼酎で,連続蒸留によって蒸留された純アルコールでつくる焼酎とされている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ホワイトリカー


焼酎甲類。特に、梅酒をはじめとした果実酒などを漬け込むための、くせや香りがほとんどないもの。◇和製語。ホワイト(white)+リカー(liquor)。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のホワイトリカーの言及

【酒】より

醸造酒 蒸留酒は,醸造酒の発酵液(もろみ),またはそのろ液やろ過残渣(ざんさ)(酒かす)を蒸留したものをいう。酒税法上の種類としては,アルコール含有物を連続式蒸留機で蒸留した焼酎甲類(ホワイトリカー),デンプン質原料,こうじ,水を原料として糖化,発酵させ単式蒸留機で蒸留した焼酎乙類(本格焼酎)などの焼酎,麦芽などの発芽穀類と水を原料として糖化,発酵させ蒸留したウィスキー,および果実を原料として発酵させ蒸留したブランデーを含むウィスキー類のほか,スピリッツ類がある。スピリッツ類には,中国の茅台酒(マオタイチユウ)のようにアルコール分が焼酎乙類の最高限度である45度を超えるものや,アラック,テキーラ,ラム,アクアビット,ジン,ウォッカなどのようにウィスキー類とは原料あるいは製法が異なるものがこれに含まれる。…

【酒造業】より

… 新式焼酎は1911年日本酒精が初めて製造・販売したが,焼酎そのものが広く飲まれるようになったのは第2次大戦後のことである。49年度には酒類の総生産量の31%を占め,新式焼酎に〈ホワイトリカー〉という洋風の名前がつけられた。その後生産量自体は増加していったが,清酒,ビールに比べその増加率は低く,酒類全体のなかの地位は低下した。…

【焼酎】より

…これに対して,糖みつなどの農産物を原料としてこれをアルコール発酵させ,連続式蒸留機を用いて高純度のアルコールをとり,これを水でうすめてアルコール分36%以下にした酒を焼酎甲類と呼んでいる。乙類は本来のものの意味で本格焼酎ともいい,甲類は1899年に神谷伝兵衛がドイツから輸入した連続式蒸留機でアルコールを製造し,これに水を加えてつくったのが初めで,新式焼酎と呼ばれ,近年はホワイトリカーの名で親しまれている。ちなみに神谷伝兵衛は1882年〈蜂印葡萄酒(はちじるしぶどうしゆ)〉を発売,のちに東京浅草に神谷バーを開き,〈電気ブラン〉の名を高からしめた人物である。…

【蒸留酒】より

…連続式蒸留機の蒸留酒は,アルコールの純度が高まるほど原料の特徴が失われ,酒はソフト化する。グレーンウィスキー,アルマニャックのほか,19世紀初めまでは単式によっていたウォッカ,アクアビット,ライトラム,さらにブレンド用ブランデー,甲類焼酎(ホワイトリカー)などが,現在この型の蒸留機によってつくられている。【菅間 誠之助】。…

※「ホワイトリカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホワイトリカーの関連キーワードサンラックドライ ホワイトリカーホワイトタカラ 果実酒の季節連続式蒸留機甲類焼酎冷え症花梨酒ウメ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホワイトリカーの関連情報