コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲類焼酎 コウルイショウチュウ

デジタル大辞泉の解説

こうるい‐しょうちゅう〔カフルイセウチウ〕【甲類焼酎】

焼酎の種別の一。連続式蒸留機で蒸留した高純度のアルコールに水を加え、度数を調節したもの。そのまま飲むほか、無色透明でくせがないため酎ハイや梅などに向く。焼酎甲類ホワイトリカー。→乙類焼酎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

甲類焼酎

酎ハイやサワーなどのベースとして飲まれる無色透明な蒸留酒サトウキビを製糖する過程の副産物である粗留アルコールを原料に、連続式蒸留器で蒸留。酒税法上のアルコール度は三六度未満。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

甲類焼酎の関連キーワードサンラックドライ ホワイトリカーホワイトタカラ 果実酒の季節white liquorジャスミン焼酎 茉莉花特撰宝焼酎 マイルドスーパージャイアント宝焼酎 レジェンド富士白無限 麦ホワイトパック宝焼酎 大自然醸造アルコール宝焼酎 宝っこゴールドスカイ極上 宝焼酎どんなもん大ゲンジロックスーパー樹氷TAKUMAチューハイ焼酎の種類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲類焼酎の関連情報