コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼酎甲類 ショウチュウコウルイ

2件 の用語解説(焼酎甲類の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうちゅう‐こうるい〔セウチウカフルイ〕【焼酎甲類】

甲類焼酎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

しょうちゅうこうるい【焼酎甲類】


焼酎の分類上、アルコール含有物を連続式蒸留機により蒸留したもので、アルコール度数36度未満のもの。酒税法上の「連続式蒸留焼酎」にあたる。さとうきびから砂糖を作る際に副産物としてできる糖蜜などを主原料とし、水と酵母を加えて発酵させ、これを蒸留してつくる。くせがなくすっきりとした味わいのものとなり、果実酒や市販の缶チューハイなどにも用いる。◇2006(平成18)年度の酒税法改正で酒類の分類・区分体系が改変された際、「焼酎甲類」から「連続式蒸留焼酎」に品目の名称が変更になったが、表示には「甲類」を用いることが認められており、一般にも用いる。⇒焼酎焼酎乙類

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の焼酎甲類の言及

【酒造業】より

…メーカー数が多いため,大手メーカーの市場占有率はビールやウィスキーに比べて低い。
[焼酎]
 焼酎には,連続式蒸留機で蒸留した焼酎甲類(新式焼酎)と,それ以外のたとえば単式蒸留機で蒸留した焼酎乙類(本格焼酎)がある。甲類が大企業(宝酒造,合同酒精など)によって生産されているのに対し,乙類はその大部分が熊本,宮崎,鹿児島,沖縄にある中小企業によって製造されている。…

【焼酎】より

…これが在来の焼酎で,現今の酒税法ではこうしてつくられたアルコール分45%以下のものを焼酎乙類と呼ぶ。これに対して,糖みつなどの農産物を原料としてこれをアルコール発酵させ,連続式蒸留機を用いて高純度のアルコールをとり,これを水でうすめてアルコール分36%以下にした酒を焼酎甲類と呼んでいる。乙類は本来のものの意味で本格焼酎ともいい,甲類は1899年に神谷伝兵衛がドイツから輸入した連続式蒸留機でアルコールを製造し,これに水を加えてつくったのが初めで,新式焼酎と呼ばれ,近年はホワイトリカーの名で親しまれている。…

※「焼酎甲類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焼酎甲類の関連情報